桁橋(歩道橋)
 Data NO.11
寺沢川猿橋
桁橋(歩道橋)
 Data NO.11
寺沢川猿橋
■橋   名/寺沢川猿橋(人道橋・緊急5トン自動車通行可)

■事 業 主/群馬県

■形   式/上部工:刎ね木型木造ラーメン橋

         下部工:直接基礎

■橋 長/29.0m

■有効幅員/ 3.0m

■支   間/単径間

■使用材料/主構造部:ボンゴシ  床板、高欄部:県産杉材         

■所 在 地/群馬県前橋市寺沢川リハビリ公園内

■竣   工/2000年9月

■資料提供/株式会社日建設計シビル

■特 徴/赤城山山麓という立地と国定忠治の甲斐の猿橋逃亡伝説から、刎ね木橋状の形式を採用。刎ね木の固定方法は埋め込み式ではなく、金具補強のうえアンカーボルトで固定する方式とした。主構造部にはボンゴシを、取り換え容易な床敷き板や高欄部には県産杉材を使用。

*この橋についての技術論文は、こちらをクリック。