協会案内へ
TOPへ
日本木橋協会活動案内
平成14年12月現在
平成7年7月6日 設立総会  会員27社、個人1名で発足。役員は次の通り。

        

会   長  島田基正(上田第三木材)

幹 事 長  石森修一郎(石森屋材木店) 

幹   事  五十嵐恒夫(四谷エンジニアリング)

        石田英司(テムバーフォームジャパン)

        小野原誠(日本橋梁)

        佐々木幸久(山佐木材)

        高橋晃一(アーバン設計)

        中川勝弘(中川木材)

        西田久寿(東洋木材防腐)

事務局長  伊津野國宏

監   事  杉山哲好(スギヤマ)

        鈴木裕一(ダイテック)

同年9月12日     第1回幹事会にて、技術的問題を検討するために協会内に「技術委員会」を設置、五十嵐恒夫氏を委員長に選任。
同年11月16・17日 長野県内木橋現地視察。1998年に開催される長野冬季五輪クロスカントリーコースに架設される木橋建設現場、軽井沢市内の矢ガ崎大橋、斎藤木材 集成材工場などをバスで視察。参加者16名。
平成8年3月22日   「近代木橋の現状と今後の展望」セミナー開催「木材と防腐セミナー」を、都内江東区木材会館にて開催。参加者は118名。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁

協賛/日本防腐協会

<講演内容>

「日本の木橋の現状と課題」

       秋田大学鉱山学部教授  薄木征三氏

「木橋における劣化状態と木材防腐」

       横浜国立大学教育学部教授  矢田茂樹氏

「ラミナ防腐集成材を使った木橋の事例報告」

       東洋防腐(株)松坂 裕・銘建工業(株) 坂本多加雄

同年8月30日 第2回総会を福島県郡山市「ホテル・プリシード郡山」にて開催、149名が参加。「近代木橋セミナーin福島」を同時開催。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁、福島県、福島県大断面協同組合

<講演内容>

「林道と木橋」        林野庁指導部基盤整備課課長 仲建三氏

「木橋の設計と施工」    秋田大学鉱山学部教授 薄木征三氏

「木橋における劣化状態と木材防腐」

                横浜国立大学教育学部教授    矢田茂樹氏 

「木橋の振動実験」     日本大学工学部土木工学科助教授 五郎丸英博氏 

「木橋の事例報告」     トリスミ集成材?東京営業所所長 原田浩司氏  

同年11月1日    「近代木橋in宮崎」を、宮崎市内厚生年金会館にて開催。参加者57名。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁・宮崎県・南九州集成材協同組合

<講演内容>

「木橋建設の企画・予算化・設計施工をめぐる経緯と問題点」  

      宮崎県林務部主査  長友善和氏・下沖誠氏   

「工事経過の報告と施工サイドからの提案」 

      山佐木材(株)製材部長兼社長室長有馬宏美氏

「車道橋の設計・施工に関する技術的課題と留意点」

      林業土木コンサルタンツ熊本支所技術顧問  池内 巌氏

「木橋における劣化状態と木材防腐」

      横浜国立大学教育学部教授    矢田茂樹氏 

同年6月18・19日  APA?エンジニアード・ウッド協会が主催する「国際木橋セミナー」に協賛、企画に協力、福井市ワシントンホテルと東京プリンスホテルで開催。参加者、福井会場70名。東京会場115名。

主催:APA?エンジニアード・ウッド協会

後援:アメリカ大使館協賛:日本木橋協会

<講演内容>

「米国における集成材橋デザイン」

      APAエンジニアード・ウッド協会   トーマス・ウイリアムソン氏

      米国農務省林産物研究所研究員 マイケル・リッター氏

「日本における集成材橋の実例」

      秋田大学鉱山学部教授     薄木征三氏

「SW橋の可能性」     

      北海道大学名誉教授        渡辺 昇氏

同年8月22・23日   第3回総会開催に併せて、会員研修会、および現場見学会を京都 府宇治市で実施。

<会員研修会> 22日 午後1時?3時30分

京都大学木質研究所を見学、ホールにおいて研修会を開催。 参加者20名。

<研修内容>

「木橋における接合の問題点」        京都大学助教授 小松幸平氏

<現場見学会> 23日 午前9時?午後1時

会員企業が建設に参加した宇治市内の天ケ瀬吊り橋を見学すると  同時に、宇治平等院等、歴史的価値のある木造建築物を視察。参加者12名。

平成10年3月6日 「近代木橋セミナーin新潟」を新潟市内メルパルク新潟にて開催。参加者188名。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁、新潟県、新潟県建設業協会

<講演内容>

「近代木橋の現状と今後の展望」

       秋田大学鉱山学部教授       薄木征三氏

「木造橋の耐久性向上」

       森林総合研究所集成材加工室   宮武 敦氏

「会員による施工事例発表」

・長野五輪クロスカントリーの木橋

       上田第三木材合資会社常務     日尾嘉男氏

・ボンゴシを使った木橋の事例

       ティムバーフォームジャパン         島谷 学氏

・木橋設計における橋種の選定と問題点     

       アーバン設計                高橋晃一氏

同年8月28・29日   第4回総会と併せて「近代木橋セミナーin秋田」および現場見学会を秋田県大館市秋北ホテルにて開催。参加者は80名。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁、秋田県、秋田営林局、大館市、(財)林業土木コンサルタント

<講演内容>

「近代木橋の現状と今後の展望」

        秋田大学鉱山学部教授        薄木征三氏

「土木分野における木材利用の可能性」

        秋田県立農業短期大学教授     飯島泰男氏

「秋田県における木橋の最新実例」

        林業土木コンサルタンツ秋田支所    須藤 晟氏

<現場見学会>

大館ドーム(世界最大級の木質ドーム)および最近完成した大館  市内の集成材桁、「深沢橋」、秋田グルーラム工場を視察しまし た。参加者20名。 なお、総会において役員の改選が行われ、下記の新役員を選出し た。 

会   長  島田基正(上田第三木材) 

幹 事 長  小野原 誠(日本橋梁) 

会計幹事  五十嵐恒夫(四谷エンジニアリング)      

幹   事  石森修一郎(石森屋材木店) 

        佐々木幸久(山佐木材)              

        島谷 学(ティムバーフォームジャパン)              

        神保史城(神保建築事務所)              

        高橋晃一(アーバン設計)               

        室岡賢一(室岡林業)       

事務局長  伊津野國宏       

監   事  杉山哲好(スギヤマ)  鈴木裕一(ダイテック)

平成11年3月19日   「近代の木橋の現状と今後の展望」セミナー会員、会員外およそ90名が参加。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁

場所/東京江東区木材会館

<講演内容>

「なぜ今、木橋か」        

      林野庁木材流通課総括  小禄直幸氏 

「木橋の可能性」 

      金沢工業大学        本田秀行教授 

「最近の木橋の傾向」

      秋田大学           薄木征三教授

「欧州の木橋のあれこれ」

      日本木橋協会技術委員長 五十嵐恒夫氏

平成11年10月5日  
「近代の木橋の現状と今後の課題」セミナーを岐阜市ルネッサンスホテルで開催。会員、会員外およそ110名が参加。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁、岐阜県、岐阜県木材協同組合連合会、岐阜コンベンションビューロー

場所/岐阜ルネッサンスホテル

<講演内容>

「なぜ今、木橋か」      

     林野庁木材流通課総括  松本芳樹氏 

「木橋の可能性」 

     金沢工業大学        本田秀行教授

「最近の木橋の傾向」

     秋田木材高度加工研究所 佐々木貴信講師

「木橋の事例と点検マニュアルについて」

     株式会社 長大        植野芳彦氏

第5回通常総会をセミナーと同じ会場で開催 役員改選下記のように会長など改選。

会   長   五十嵐 恒 夫(木の橋研究開発工房)

幹 事 長   石 森 修一郎((株)石森屋材木店代表取締役社長)(会計)   

事務局長   伊津野 國 宏

幹  事    佐々木 幸 久((株)山佐木材代表取締役社長)) 

         島 谷    学((株)ティンバー・フォームジャパン橋梁営業部次長)

         神 保 史 城(神保建築事務所代表)

         高 橋 晃 一((株)アーバン設計代表取締役社長)

         室 岡 賢 一((株)室岡林業代表取締役社長)

         原 口 俊 男(神鋼鋼線(株))

         渡 辺 浩 司(ピーシー橋梁(株))

監  事    杉 山 哲 好((株)スギヤマ代表取締役社長) 

         鈴 木 裕 一((株)ダイッテック代表取締役社長)

顧  問    島 田 基 正

平成12年1月12日  昨年9月に発生した愛媛県内に関する落橋事故に対応のため、幹事会と併せて会員研修会を開催。会員15名が参加。?事故報告 午後3時?3時30分テンバーフォームジャパン 島谷学氏?講  演 午後3時30分?5時       「木材腐朽菌とは」             森林総合研究所 腐朽病害研究室長 阿部恭久氏?会 場  米国農産物貿易センターセミナールーム
平成12年1月20日   落橋事故に関して「木橋の設計・施工および維持管理に対してのお願い」の会長通達を全会員に配布。
平成12年5月25日 「木橋の建設とそのメンテナンス」セミナーを東京江東区の木材会館で開催会員、会員外およそ120名が参加。

主催/日本木橋協会

後援/林野庁

場所/東京江東区木材会館

<講演内容>

「木橋の普及促進とメンテナンスの必要性」      

     林野庁林産課      小澤眞虎人氏 

「木橋の安全性を確保する設計・施工の要点」 

     秋田大学        薄木征三教授

「錦帯橋の維持管理に学ぶ」

     早稲田大学       神山幸弘名誉教授

「最新事例報告」カバード・ブリッジ阿蘇望橋    山佐木材(株)

SW橋の製作について                日本製鋼所

平成12年10月5日   秋田県山本郡藤里町ホテルゆとりあにて総会を開催
      10月6日   同地にて「坊中橋」見学会を開催11名が参加
平成13年2月11、12日  東京ビックサイトにおける「木材フェア」に出展
平成13年7月25,26日 土木学会鋼構造委員会木橋技術小委員会主催「木橋技術に関するシンポジウム」をサポート
平成13年7月26日 平成12年度第7回総会を、東京麹町の弘済会館で開催。役員改選を行い、下記役員を選出。

会   長  五十嵐恒夫(木の橋研究所)

幹 事 長  石森修一郎((株)石森屋材木店)

幹  事  高橋 晃一((株)アーバン設計)

波積 弘志((株)神鋼鋼線)

       島谷  学((株)ラスコジャパン)

       深山 清六(ピーシー橋梁(株))

       室岡 賢一((株)室岡林業

       佐々木幸久(山佐木材(株))

顧  問  島田 基正(上田第三木材(資))

監  事  杉山 哲好((株)スギヤマ)

        鈴木 裕一((株)ダイテック

事務局長  伊津野國宏 

平成14年2・3月 (社)全国木材組合連合会主催「木と暮らすフェスティバル2002」に出展

・ 2月16・17日  ポートメッセ名古屋

・ 3月2・3日   パシフィコ横浜

・ 3月9・10日 大阪ドーム

平成14年3月14日 近代木橋セミナー in 山梨開催

テーマ  「環境と地域産業に貢献する木橋」セミナー

主催:日本木橋協会

後援:林野庁、山梨県

場所:山梨県自治会館   

参加者:約140名

講師・内容

「林道と木橋」   

      林野庁森林整備部  関 厚課長  

「環境から見た木橋」

      金沢工業大学    本田秀行教授  

「世界の木橋の新しい傾向」 

      日本木橋協会    五十嵐恒夫会長 

「猿橋の驚嘆すべき技術」

      竹中工務店 内田忠男氏   

○オプションツアー:3月15日 猿橋および西桂橋 参加者15名

平成14年8月23日 平成13年第8回通常総会を岩国国際環境ホテルにて開催

参加者13名 委任状17名 欠席6名

併せて岩国市錦帯橋建設事務所次長 岡崎賢治氏より錦帯橋建設に関するレクチャーを受ける。

平成14年12月10日 前回の幹事会にて発刊が決定した、機関紙「木橋ニュース」創刊号を発行。内容は会員企業の紹介、会員が建設に関係した最近の木橋の紹介など。1面は町道では初めての木造車道橋・八幡橋(新潟県山北町)を紹介、2,3面は創刊号につき当会会長と林野庁整備課長関氏よりの挨拶となっている。
主に、橋梁・木橋関係企業、研究機関、都道府県関係部署への配布と会員企業の販促ツールとして使用。


平成15年3月1日 「木橋ニュース」第2号の発行。日本最大級の木橋・新村所大橋が宮崎県に誕生した記事、熊本での近代木橋セミナー開催の告知等。
平成15年3月13日 近代木橋セミナー in 熊本を開催
テ ー マ 「木橋の社会性を考える」
場   所 熊本市・熊本テルサ
            熊本県熊本市水前寺公園28-51
電話096-387-7777
参 加 者 約120名
講師・内容
「 望まれる木橋普及の姿」   
                     林野庁木材利用推進対策官  清水邦夫氏
「経済性に富んだ豪州の木橋建設」
                     木構造コンサルタント  ジョン・キース氏
「近代木橋の社会性・経済性」
                     熊本大学工学部   渡辺 浩氏
「現場からの提案」
山佐木材(株)、ピーシー橋梁(株)
主   催:日本木橋協会
後 援:林野庁、熊本県、全国木材組合連合会他

○オプションツアー:3月14日 「阿蘇望橋」「神馬橋」見学と黒川温泉入浴
               参加人員20名

平成15年3月17日 ジョン・キース氏来日記念講演を開催
場  所 アメリカ針葉樹協会セミナールーム
参 加 者 50名
公演後、APAチャーリーバーンズ氏送別会と懇親会
平成15年6月13日 (社)全国木材組合連合会主催「明日の暮らしと環境木材フェア2003」に出展
・ 6月14・15日  大阪ドーム
・ 6月21・22日   埼玉アリーナ
今回は、木橋の模型を制作展示、来場者に実際に渡ってもらった。